Google Cloud SQL外部からの接続設定 アクセス許可 Google App Engine(Connecting Using MySQL Client )

Google Cloud SQL初期設定ではインスタンスの作成からGoogle Plugin for Eclipseを使った外部からの接続について解説しました。

今回は、他のDBツールを使い、外部からアクセスするための手順についてお伝えします。

まず、CloudSQLの初期設定では下記のように、外部からのアクセスは許可されないようになっています。

WS000017

ここに以下のような設定を加えることでアクセスの許可を行います。ここでは例として全ネットワークからのアクセスを許可する設定を追加します。

「0.0.0.0/0」という記述がすべてのネットワークを示していますので、もし固定的なIPアドレスからのみ許可したい場合はそのIPアドレスなどにしてください。

WS000018

 

保存を押すと設定が保存されます。

WS000019

 

つぎに接続ユーザの設定をします。デフォルトでrootというユーザが存在しますが、MySQLはユーザにも外部からの接続を許可するか否かの設定が存在するので、そちらにも外部からの接続許可設定を行います。デフォルトでは下記のようにクライアントホストにlocalhostや127.0.0.1が指定されているだけのrootユーザしかないため外部からは接続できません。ここの新しいユーザをクリックして外部からrootをつかってアクセスできる設定を追加します。

WS000020

 

下記のようにクライアントホストに「%」というワイルドカードを指定することで、全ネットワークから接続可能なrootユーザの設定が追加できます。

WS000021WS000022

 

 

この時点で外部から接続できるはずなのですが、私がためした限りIPv6のアドレスを使用すると接続できませんでした。Google Cloud SQLではデフォルトでIPv6のアドレスしか所有していないためです。有料ではありますが、ここではIPv4のアドレスを取得し、それを使用した接続までを確認しました。

まず下記の画面のIPv4アドレスのリクエストを押し、IPv4のアドレスを取得します。

WS000023WS000024

 

そして例えばEclipseでは下記のような設定でデータベースに接続できます。

JDBCドライバは「mysql-connector-java-5.1.35-bin.jar」を使用してます。ここからダウンロードしてください。

http://download.softagency.net/MySQL/Downloads/Connector-J/mysql-connector-java-5.1.35.zip

WS000025

 

NetBeansならはじめからMySQLのドライバがあるので、もっと簡単に接続が試せます。

WS000029WS000027WS000028

IPv6での接続方法が知りたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。