Google Cloud SQL初期設定 Google App Engine(Connecting Using MySQL Client )

Cloud SQLのインスタンスを作成し、外部ネットワークからの接続までを記録します。

まずインスタンス作成です

WS000002

ストレージ→CloudSQL→インスタンス作成と進み

WS000005

CloudSQLのインスタンスID,地域、階層の設定をし、作成ボタンを押してください。

(よくわかないので、ここでは地域=アジア、階層=D1-512MB RAMとしました)

WS000007

数十秒まつとこのようにCloud SQLインスタンスの作成が完了したと

通知されます。表示されているインスタンス名をクリックすると下記の画面に。

WS000008

 

では新しいDBスキーマを作成していきます。

下記のようにデータベースタブを開き、新しいデータベースボタンを押してください。

WS000010

 

ここでは下記のように設定しました。

WS000011

この時点では、アクセス制限があるため外部からこのインスタンスに接続できません

ただ、Google Plugin for Eclipseにあるデータベース接続ツールであるDTPの中にあるProfile「Google Cloud SQL」だとなぜか接続できてしまいます。。。

設定は下記。

WS000013

WS000014

 

Instanse name とDatabase nameは下記の部分の文字です。

WS000015

設定ができると下記のようにEclipseからインスタンスに接続できます。

WS000016

この設定ではデータベースのIPアドレスやポート番号などの指定をせずとも

インスタンス名とデータベース名だけで接続しているので、Google Cloud SQL用のEclipseプラグインのみができる、

特別な外部からの接続なのかもしれません。

次回は、通常のJDBCなどを使い IPアドレスやポート番号をちゃんと指定して接続するための手順をお伝えします。

 

 

「Google Cloud SQL初期設定 Google App Engine(Connecting Using MySQL Client )」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。